☆TV☆
テレビ朝日系列「戦後70年ドラマスペシャル 妻と飛んだ特攻兵
8月16日(日)21:00〜O.A.

☆MOVIE☆
ラブ&ピース」(園子温監督)公開中
日本のいちばん長い日」(原田眞人監督)8月8日(土)公開

☆DVD☆
劇場版 神戸在住」(白羽弥仁監督)9月16日発売

2015年04月01日

珈琲戦争

futurismo #1「珈琲が冷めるまでの戦争」全11ステージ、無事終了致しました。

足を運んで下さった皆様、スタッフの皆さん、キャストの皆、そして携わって下さった全ての方に感謝の気持ちでいっぱいです。

本当に本当に、ありがとうございました!

今回、ご用意できるお席が少なくて観たいと言って下さる全てのお客様のご要望に答えることが出来ず、本当に申し訳なく思います。

そしてグッズも、有難いことに私の予想を遥かに越える売れ行きで、こちらもご要望に答えられませんでした。

本当に、ごめんなさい。そして、本当にありがとうございます。

公演が終わった今、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

稽古を始めた頃、お客様と俳優が至近距離で、かつ混然一体となる空間なんて自分の企画のくせに、正直全然想像がつきませんでした。

考えるだけでドキドキして、皆で悩み、想像しながらの稽古の日々でしたが不安な気持ちは一切なくて、来てくださるお客様が楽しんでもらえるものを作ろうと皆で稽古に励みました。

稽古は本当に毎日楽しかったです。
きっとそれはツイッターでも本番でも、皆様に伝わったのではないかと思います。

ですが、ただ楽しいだけではなく、毎日話し合いをしたり、もっと面白いものを作ろうと互いに切磋琢磨したり、私達は真剣にこの作品に向き合ってきました。

私の初めての企画に、こんな素晴らしい本を書いてくださった福谷くんには、もう頭が上がりませんし、こんな頼りない主宰の企画に出演してくれたキャストの皆にも、お礼以外の言葉が思い浮かびません。

そして、本番一週間前にして全ステージ、チケット完売という夢のような嬉しい出来事。これは私達の活力になりましたし、お客様なしでは、この作品は成り立ちませんでした。

皆様にも本当に感謝しています。

特にこの作品は、お客様と作っているということを毎ステ感じました。
あの距離と密接な空間。
今までで一番緊張したかもしれない。とっても幸せで楽しい緊張感。

舞台とは言え、舞台っぽくない。
「舞台」というものを観たいと期待して来て下さった方には、的外れだったかもしれませんが、この作品だからこそ、このメンバーだからこそ出来るのものをさせて頂きました。

ここで、ちょっと裏話!

劇中での携帯電話のやり取りは、実は俳優同士で電話をかけあっています。

これ地味に大変な段取りでした(笑)

普段なら何も考えず、当たり前のようにしていることが、芝居となると難しくなるということを改めて痛感しました。

でもそれが俳優の仕事です。当たり前のこと当たり前にお芝居するのが仕事です。

この作品を通じて、新たに自分の課題が出来ました。

そして珈琲戦争のメンバーの為にも、応援して下さる皆様の為にも、私は精進したい。頑張りたい。頑張らないといけない。

書きたいことはいっぱいあるのですが、うまくまとめられる気がしないので、この辺で一旦終わります。

これから各々の道を進む私達。

またバラバラになっちゃうけど、私はこれからも大事な仲間だと思ってて、出会えて本当に良かったと思ってる。

そして今まで応援してくださった皆様、そして今回初めましての皆様、今後とも応援して頂けると嬉しい限りです。

近々また、映像でも舞台でもお会い出来るように。

そして、いつかのfuturismo #2でお会い出来るように。

その為にも、私も自分の道を全力で進んでいきます。

この作品が、これからも皆様の心の中に残り、そして何かに繋がるものになれば嬉しくて幸せです。

本当に本当に、ありがとうございました。

futurismo主宰 松永渚


65E8319F-E26F-44C0-9001-23B2A388E183.jpg
posted by nagisa at 20:42| futurismo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

futurismo始動!

こんばんは。

最近、ベランダの窓の結露に悩まされています。

そんなことは置いといて(いや、かなり困ってますが)

突然ですが、演劇します。

突然すぎますよね。びっくりされましたか?

私にとって久しぶりになる舞台を、まさか自分で企画できるだなんて。
正直、自分が一番びっくりしているところです。

futurismo #1「珈琲が冷めるまでの戦争(仮)」

2015年3月26日(木)〜31日(火)
@中崎町common cafe
作・演出:福谷圭祐(匿名劇壇)
出演:松永渚、西分綾香(劇団壱劇屋)、佐々木誠(匿名劇壇)、佐々木ヤス子、木之瀬雅貴、福谷圭祐(匿名劇壇)

ユニット名は、futurismo(フィチュリスモ)と読みます。

本来の読み方はフトゥリズモ(イタリア語)と読むそうです。

すみません、さっき知りました。
学生時代に好きになった単語なんですが、読み方を間違えて覚えてたんですね(笑)

お恥ずかしい話ですが、でもフィチュリスモの方が自分の中で、しっくりきてるので、このままでいこうと思っています。

間違えてるし覚えにくいですが、フィチュと覚えてくださると嬉しいですし、覚えてもらわねばと思ってます。

futurismoは過去の徹底破壊・未来派という意味です。
でも過去を破壊しようなんてのは全く思ってないんです。

過去があっての、今だと感謝しているくらいです。

今まで私は人生の先輩であり、役者である多くの方と出会い、芝居の面白さであったり技術であったり、沢山のことを教えて頂きました。

舞台は、制作さんを始めとするスタッフの皆様、そして観てくださるお客様がいて初めて成立するものだということも知りました。

だからお芝居をするときは、いつも皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

その感謝を、目に見える形で返せないか。私が何か出来ないかと考えたときに、

先輩方から学んだことを受け継ぐこと。そこから新しいものを産み出し、芝居の素晴らしさをもっともっと多くの皆さんに知ってもらう事が今の私の役目であり、恩返しだと思いました。

今回、作・演出をしてくれる匿名劇壇主宰の福谷さん、キャストの西分さん、佐々木さん、佐々木さん(佐々木さんが二人いる!!)木之瀬さんは、ぜひ一緒に芝居をしたいと思い、声をかけ集まって頂きました。

福谷さんがツイッターで、「メンツがキモい。」と呟いてましたが、

いやー、キモいです(笑)ワクワクして仕方がありません。

みなさん、20代。
過去の徹底破壊は置いといて、未来を築いていく者としてfuturismoという単語が相応しいのではと思い、このユニット名になりました。
(話がまとまってなくて申し訳ないです。)

改めて今回、私にとって初めての企画です。

不安ばかりです。でも面白いものになるんだろうという気しかしていません。

企画者として至らない点は沢山あると思いますが、全力をかけてやらさせて頂きます。

皆様、宜しくお願い致します。

楽しみに待っててくださると嬉しい限りです。

futurismoのツイッターや、キャストのツイッター、私のブログ等で公演に関しての情報を書いていきますので、そちらも合わせて宜しくお願いします。

futurismoのツイッター。
https://twitter.com/futurismo2015

福谷圭祐(@fuku_tokumei)
西分綾香(@bubububun)
佐々木誠(@MTokumei)
佐々木ヤス子(@yasuko696)
木之瀬雅貴(@TanzWalzer)

ではでは。
posted by nagisa at 03:49| futurismo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。